SOUL ALCHEMY ASSOCIATION

2月3日深夜~4日早朝に開催
これをやれば運気があがる! 前世の因果を超越する星の秘法

星供養については動画をご覧ください

2月4日に星供養を開催しますので参加者を募集します


密教占星術と星供養についての解説

星供養修法の表白神分祈願の部分←click

密教占星術は平安時代に弘法大師空海が中国より日本に持ちかえった、”文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経”という、とても長い名前の経典に基づいて占う密教占星です。

平安時代には、政治にも積極的に取り入れられ、戦国時代には、名だたる武将が密教占星術を用いましたが、あまりの的中率の高さゆえに、江戸時代には徳川幕府によって封印されました。

明治以降に再び密教占星術は見直されて現代にいたります。年末になると、書店やコンビニにおいてある、運勢暦にも、27宿、あるいは28宿という項目があるのですが、それが密教占星術の宿です。あなたの誕生日によって、宿が決まります。

中国から伝わったものですが、そのルーツは、バビロニアにあると言われていて、源流を辿るとアストロロジーと同じところにたどりつきます。

現在の私たちが使っている曜日、日曜日とか、月曜日なども、弘法大師空海が持ち帰った、この密教経典がもとになっており、私たちはこの曜日に基づいて生活しています。

こうしたことからも、密教占星術は私たちの生活リズムに合ったものといえます。アストロロジーと同じく、密教占星術にも12宮があります。

アストロロジーの12星座に似ていますが、その意味合いは大きく異なります。アストロロジーの12星座は、生まれた日に太陽が、どこに位置していたかですけれども、密教占星術では生まれた日に「月」が、どこに位置していたかです。

アストとロジーの太陽星座(12星座)が太陽の運行を基にしているのに対して、密教占星術は月の運行を基にしているわけです。また暦法そのものがちがいます。月は約27日かけて天球を1周し、その27日間を、それぞれ27宿にあてはめて、その日に生まれた人の性格、資質、運勢などを占います。

太陽の12星座は人間の表側、つまり現世の運勢をみるのに対し、密教占星術は内側、べつの言い方をすれば前世からもってきた因果からでてくるものをみるのが特徴です。

密教占星術は、性格・能力・運勢はもちろんですが、相性鑑定で最も威力を発揮する占いです。12宮と27宿によって、細かく分類された星の、それぞれの相性を占うので、より正確に相手との相性をみることができます。

それは、ひととひととの縁が、前世からの因果によってでてくるからです。密教占星術で、恋愛や職場での人間関係などを見直し、よりよい人間関係をつくっていけば、おのずと運がひらいてくることは間違いありません。

またもうひとつ、アストロロジーとはちがう大きな特徴があります。それは自分の生まれた星、宿を供養して運気をあげることができることです。

その供養法は厳格で緻密な密教理論によりできていて、星供護摩や、星の世界の総監督者である妙見菩薩を供養する修法によって、前世からの因果を、よりよいものにかえていくことができます。

さらには、前世からくる影響をかえて、現世をよりよくするだけでなく、来世へのよい因果もつくっていくことができるてんは、密教占星ならではのものです。

あなたの運命の原点は星にあります。星とは、あなたが生まれたときのアストラル界のステージレベルです。

夜空に輝く星が、あなたの運命をにぎっているのではなく、サトルボディーのいちばん微細な粒子がアストラル界のステージレベルとつながって運命をつくっているのです。

密教の加持祈祷ですので開催当日に、ご自身ですることなどはとくにありませんから、ご自宅などでいつもどおりにお過ごしください。ご家族のお申込みもできます。

参加料金 7.000円


特別プレゼント 2020年の金運アップ特別お守り
携帯待ち受けをプレゼントします。

お申込みはこちらのフォームからお願いします

Follow me!

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。
MENU